高血圧や低血圧などの疾患を抱える人は、自宅でも正しく血圧を測り、記録していく必要があります。自宅での血圧測定は、専用の機械を通して行うことになるのですが、より正確さを重視するためには腕で測るものを使用しましょう。 手首で測るタイプのものは手軽ですし、持ち運びにも便利ですが、正確な測定にはあまり向いていません。病院にいって医師に血圧を測ってもらうのでも、手首というものはあまり取り入れられない部分で、正確性にかけるといわれています。 ですから手首で使用するタイプは携帯用として、別にもう一台腕で計測するタイプの血圧計を持っておきましょう。腕で計測するタイプなら失敗も少なく、自宅でもより正確な数値を知ることができます。 血圧というのは些細なことで上がったり下がったりするものなので、せめて測定は正しく行えるようにしたいですね。そのために出来る限り専門性の高い機械を使用して、毎日の健康に努めていくようにしてみましょう。